OSCA

iBatisを利用するのに参考になるページ (まとめ)

投稿日:2009年2月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加

iBatis for Java を利用するときに参考になるページをまとめる。
尚、iBatisは2010年に開発が終了し、新しいバージョンとなるmybatisがリリースされている。 mybatisについてはこの記事の対象ではない。

オフィシャルサイト

記事/Tips

助言メモ

iBATISで参照(SELECT)した大量のデータをCSVファイルのようなファイルに出力するプログラムを書く場合は、 RowHandler の知識を勉強した上で iBATIS を利用した方が良いでしょう。 このことは、上記のリンクでは「iBATISを使ったO/RマッピングによるDBアクセスの実例 3:CodeZine」で扱っています。

著者 : OSCA

OSCA

個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるサービスを作ろうと日々奮闘中のエンジニア。 夜景好きのアマチュア写真家でもあります。
Twitter : @oscaphoto
Facebook : OSCA