OSCA

淡路島の水曜どうでしょうロケ地を巡る旅

このエントリーをはてなブックマークに追加

 休暇で神戸へ行くことがあり淡路島へ行く時間があったので、「水曜どうでしょう」でどうでしょう班が訪れたロケ地を訪れてみました。 水曜どうでしょうの企画で淡路島が登場したのは「サイコロ3」だけで、登場シーンとしても地味ですが紹介します。

岩屋港 (サイコロ3 前編)

 まず向かったのは、「岩屋港」。「サイコロ3 前編」での岡山では、サイコロを振った大泉さんが「瀬戸内海島めぐり 淡路島」を出してしまいます。 どうでしょう班は、本州の西明石から高速船で淡路島に向かい到着したのが、この「岩屋港」です。 番組内では、岩屋港に到着して呆然と立ち尽くす大泉・鈴井の両名が映し出されてそのままエンディングに入ってしまいますので、特に印象的なシーンではありませんでした。

岩屋港
岩屋港の岩屋ポートビル

 上の写真は、どうでしょう班が到着した岩屋港の「岩屋ポートビル」。 ビルの中には、あまり大きくありませんが土産店が入っていました。 今でも本州と行き来する便があるようでした!

津名港 (サイコロ3 後編)

 さて続いて向かったのは「サイコロ3 後編」の出発地となった「津名港」。 岩屋港から車で30分ほど南下したところにありました。

津名港
津名港ターミナル

 サイコロ3 の津名港と言えば、印象深いアルプススノー社の「雪面の飛び魚」ですね! 北海道でロケをすると思っていた大泉さんが無断で履いてきた親父さんの靴。 飛び魚のように高く飛べることを証明して見せた聖地とも言える場所が下の写真の場所、放送当時から20年経った今もちゃんとありました!

津名港
津名港

 サイコロ3 当時の映像と比べてみると、20年の歳月で松の木が成長しています。 しかし当時と違うのは、津名港は今は船が発着していないということ。 サイコロ3 の旅は1997年ですが、その翌年である1998年に明石海峡大橋が開通したことにより、淡路島の船の需要が減少し、津名港から定期船がなくなってしまったとのことでした、なんだか残念ですね。 ただし高速バスが通っており、ターミナルはバスの待合所として使われていました。

おわりに

 ということで、淡路島の水曜どうでしょうのロケ地を訪れてみました。 どちらも行って面白い場所かと言えば疑問ですが、お近くを通る場合には休憩がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

著者 : OSCA

OSCA

個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるサービスを作ろうと日々奮闘中のエンジニア。 夜景好きのアマチュア写真家でもあります。
Twitter : @oscaphoto
Facebook : OSCA